ボトックスならココ!しわ取り&小顔で評判のクリニック集めました

HOME » おさえておきたい!ボトックス注射の超基礎知識 » ボトックスにはさまざまな種類がある

しわ改善&小顔のボトックスならココ!総合BEST3

1位

麻布ビューティクリニック

麻布ビューティクリニックHP

3名の実績豊富な女性ドクターが在籍する注入治療特化のクリニック。丁寧で繊細なボトックス治療は自然な仕上がりで評判が高く、多くのリピーターを生んでいます。
2位

自由が丘クリニック

自由が丘クリニックHP

ボトックスが日本に紹介された初期のころから治療に取り組んできたクリニック。ボトックス注入技術トレーニングセンターとして認定を受けています。
3位

アヴェニュー六本木&表参道クリニック

アヴェニュー六本木&表参道クリニック

眉間・目の周辺のボトックスを得意とするクリニック。正規のトレーニング経験を積んだ医師のみが治療を担当しています。

ボトックスにはさまざまな種類がある

ここでは、ボツリヌストキシンによるシワ治療法の種類、ボトックス、ディスポート、リジェノックス等の注射療法について紹介しています。

ボトックスとは?

美容医療の分野で最近良く聞かれるようになった医薬品『ボトックス』とは、アメリカのアラガン社が開発したA型ボツリヌス毒素抽出成分の国際商標登録名です。

日本では、イギリス製や韓国製、中国製等、他のボツリヌス菌製剤のことも含めボトックスと呼ぶことがありますが、正確にはアラガン社の薬剤のみをボトックスと言います。

アラガン社が開発したボトックスビスタは、日本の厚生労働省が安全と有効性を認めた唯一のボツリヌス菌製剤であるため、最も信頼度が高い薬剤と言えるでしょう。

ただし、アラガン社製以外がすべてダメな訳ではありません。きちんと効果があり、安価に施術を受けられるものも開発されています。

最も大切なのは、「ボトックス」が1種類だけではないことを知り、それらの違いをきちんと理解した上で納得して施術を受けることです。

さまざまな種類のボツリヌストキシン製剤

以下に、いくつかのA型ボツリヌス菌製剤について個別に解説していますので参考にしてみてください。

ボトックス
(アラガン社/アメリカ)
世界的に最も普及し、臨床実験が十分になされ、効果も証明されているA型ボツリヌストキシン製剤です。アメリカにおいては、タンパク含有量の少ない「ボ トックスCosmetics」がしわ取り用の主流として使われています。これが、日本のボトックスビスタに相当します。クリニックや病院等医療機関へは、 フリーズドライした粉末がバイアルに封入された状態で冷蔵され、供給されます。費用は高めですが、安全性と信頼性を考えるなら、最もおすすめの製品です。
ボトックスビスタ
(アラガンジャパン社、グラクソ・スミスクライン社/日本)
アラガン社の日本法人『アラガンジャパン』、およびグラクソ・スミスクライン社が販売しています。2009年に日本の厚生労働省から承認を得た国内唯一の しわ取り用A型ボツリヌストキシン製剤であり、最も安全性の保障された製品です。ボトックスビスタは、米国にあるアラガンの製造工場より徹底した管理の 下、製剤の活性を保持するために必要な5℃以下の温度を維持しながら日本へ輸入されるので、品質の高さも折り紙付きです。
ボトックス
(アラガン社/アイルランド)
アラガン社の正規品でボトックスビスタよりも安価なため、国内の美容医療クリニックでよく使われています。しかし、輸入代行業者や密輸業者からの個人輸入 となるため輸送過程に問題があることが多く、品質に劣化があることが心配されています。熱に弱いボトックスが冷蔵保存されずに輸出され、ヒートダメージを 受けて効果が激減したものが良く見つかっているようです。
ディスポート
(イプセン社/イギリス)
ボトックスと同時期に開発され、2009年4月にアメリカのFDA承認が下りたA型ボツリヌストキシン製剤です。主にヨーロッパで用いられており、一説で は、ボトックスよりもしわ取り効果が高いと言われています。希釈液剤として作られていて、注射後の薬剤の拡散の仕方がボトックスとは異なります。輸入ルー トが怪しい物もあるようなので注意が必要です。
ニューロノックス
(メディトックス社/韓国)
KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得ている安全なA型ボツリヌストキシン製剤です。ボトックスと同等の効果があると言われています。
メディトキシン
(テピョンヤン社/韓国)
ニューロノックスと同等の製品。販売元はメディトックス社で、テピョンヤン社と合同販売をしています。もちろんKFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得ています。
リジェノックス
(HANS biomed社/韓国)
リジェノックスは、ボトックス(アラガン社)と同じA型ボツリヌストキシン製剤です。2006年にKFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得て世界30 カ国で使用されています。日本国内でも多数の症例があります。いわゆるジェネリック(後発医薬品)なので、料金も安価です。
BTXA
(Lanzhou社/中国)
中国製の安価なA型ボツリヌストキシン製剤。ボトックスの1/4~1/5の価格で施術が可能です。ただし、成分には豚のコラーゲン(ゼラチン)が入ってい るため、アレルギー反応が見られる確率が他の製剤よりも高く、また、品質管理に問題があり、ボツリヌストキシンの単位数が最大20倍を超えるバラつきがあ ります。そのため、1回に大量の成分の注射がなされると抗体が作られ、ボツリヌストキシンA型による治療が一生無効になる危険性があるため要注意です。
ゼオミン(メルツ社/ドイツ) 2010年にアメリカFDAの承認を受けているA型ボツリヌストキシン製剤です。含有タンパクがほとんど無いため、何度注射しても効き目が無くなることは無いと言われています。日本国内ではボトックスよりも高価であり導入しているクリニックも少ないようです。